次は何だろう?

バナナダイエットが大流行したとき、店頭からバナナ売り場が増えて、それでも夕方には売り切れていた状態が2ヶ月くらいもつづいただろうか?
時々買っていたけれど、バナナのないその間、梨や柿、みかん等を食べていた。

ところが、急激に流行が去ったのか、広がったバナナ売り場には大量のバナナが山積み。
たまには買うかと売り場を除くと、、、
小さめのバナナが一房5本で50円だった・・・はぁ?50円ですか?
だからって二房も三房も要らないし(苦笑)
半信半疑の中、レジでやっぱり50円だったので笑っちゃった(^^ゞ

ブームの最中に店側は大量に買い付けしていたんだろうなぁ~

で、バナナダイエットした人たちは痩せたんだろうか?
やはり効果が薄いから別のダイエットに移行したのかしら?ふむ

さて、次のブームは何でしょうね?
いつも流行に乗りきれない魔女・・・(;^_^A アセアセ
[PR]
# by gracex1024 | 2008-12-04 23:59 | 日々雑感 | Comments(0)

ちまちま文豪展5

画像をクリックし大きくして見てくださいね!
背景にあるエッセイも読めるくらいの大きさですから、是非に♪
e0148889_2163724.jpge0148889_2165531.jpge0148889_217641.jpg









これらもかなりいい感じでしょ(笑)左から、、、
・天才バカボンの、赤塚不二夫
・漫画を日本の文化へ昇華?させた、手塚治虫
・誰もが欲しがる「ドラえもんのどこでもドア」の、藤子F
たかが漫画家だけど、やっぱり『偉人』だよね~
とにかく全75点の作品が並び、写真撮り放題のイベントは「魔女のドツボ」にガッツリはまりました(笑)
こんなに楽しいイベントならまた是非出掛けてみたいっす!
[PR]
# by gracex1024 | 2008-12-03 21:24 | Comments(0)

ちまちま文豪展4

e0148889_2120511.jpge0148889_2120483.jpge0148889_21202388.jpg









私の大好きな彼等を紹介します!
もうおわかりでしょう(笑)
左からモーツァルト、ピカソ、ゴッホ。

モーツァルトのお茶目で愛らしい感じが足先に表現されていて何とも言えませんねぇ~
晩年のピカソは精力的に描き続けているでしょ!格好いいイケメン風です♪
ゴッホは病気っぽいのを黄昏れた風になっているのがいいでしょ
素敵な紙粘土人形たち、お家で飾りたぁ~ぃ(爆)
[PR]
# by gracex1024 | 2008-12-02 21:45 | Comments(0)

ちまちま文豪展3

e0148889_20492326.jpg女性偉人シリーズの中から紹介します。
1.は世界三大美女の楊貴妃。
妖艶さよりユーモラスな笑顔が強調されています
美人と言うよりふっくらした可愛らしい女性だったそうです、この美しさが国を滅ぼしたのだから凄いですよね
もちろん、クレオパトラも小野小町もいたんですが、写真は楊貴妃だけ。
e0148889_20494030.jpg
2.言わずもがなのマザーテレサ。
是非ともクリックして大きな写真で見てくださいね!
そりゃぁもう雰囲気といい、顔の表情やシワまでもが
あまりにそっくりで思わず笑っちゃいますから!

3.ヘレンケラー。
誰かに似ているんだよね~・・・
鉄の女@サッチャーっぽいような・・・
元宝塚スター@寿美華代の雰囲気もありだし・・・
e0148889_20501151.jpgどなたか、ビシッと言い当ててくれませんか?(笑)

これらの人形は僅か15cmほどの大きさ、全く素晴らしい作品群です(感心)

次回は芸術界の巨匠シリーズです、お楽しみに♪(まだ引っ張る気だし・・)
[PR]
# by gracex1024 | 2008-12-01 21:14 | Comments(2)

小樽ちまちま文豪展2

e0148889_15304143.jpg小樽文学館は駅にほど近い賑やかなところにあります。昔懐かしい小学校のような造りで、床もギシギシ鳴るような古い木造でした。
ちまちま文豪展を最初に見ます。他に2箇所(部屋)で、常設と企画ものの展示絵画開催しているので、共通券500円也(安ぅぅぅぃ)
どの写真もクリックすると大きく見えます。ピントが合っていなくてごめんよぉ)
e0148889_1534316.jpg1.まずは小樽ゆかりで最近話題の「蟹工船」小林多喜二。
憲兵隊によって拷問死した非業の作家。別のところにはデスマスク(レプリカ)やお通夜っぽい様子の写真も展示されていました。
2.次も小樽ゆかりの伊藤整。
書斎風景が凄いでしょ!実際の書斎も再現されて展示されているので、比較も面白かった。
e0148889_15352374.jpg雰囲気がよく出ています現東京都知事の石原慎太郎とも交友があり、手紙や写真も展示されています。
色々資料が残されているので、あっちの展示会場へ行ったりこっちへ戻ったり、忙しぃ(笑)
3.猫を抱いているのは「吾輩は猫である」「ぼっちゃん」夏目漱石。まるで学校の先生か書生さんの様な雰囲気がいいでしょ(笑)
e0148889_15444534.jpg大正・昭和の香りがかもし出されていますね。
4.「蜘蛛の糸」や「杜子春」は学校で習った記憶があると思いますが、芥川龍之介の髪型は彼以外にいないほど特徴的です(笑)
しかも若々しい♪
5.「静けさや蛙飛び込む水の音」でお馴染みの松尾芭蕉。

e0148889_1605755.jpg頭の上にカエルをのせて、シャレで作ったとしか思えないユニークさ(笑)
それぞれの人形には全て解説文があるので、それを読むと思わず_・)ぷっっと吹いちゃうような人物伝が素晴らしいです。
これらの人形は札幌市在住のイラストレーター高山美香さん制作の紙粘土細工のミニチュア作家&偉人像です。
写真撮り放題の企画展!すっごく楽しかったぁ~小樽話はつづく・・・のだ
[PR]
# by gracex1024 | 2008-11-30 16:09 | Comments(0)

日々のあれこれささやき中
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30