街の美術館

この街に待望の美術館が出来て、とは言え、博物館に増築された小さなものですが、近くに美術館があるのがとても嬉しいです。
今までは、美術館へ行くぞーって前売りチケット購入し、当日は朝から準備をして2時間くらいかかって到着する、自分的には大がかりなイベントでしたから、時間や曜日を気にせず、出掛けたついでにちょぃと立ち寄ってという気軽さがすごくしゃーわせ(笑)

年間パスポート(格安)も購入したし、気に入った作品展なら何度も見に行けるし、イイコト尽くめ♪
ただ、超有名な作品展は開催されないでしょうね~

今回の作品展は、地元の画家「遠藤ミマン」。
もう亡くなられましたが、若い頃は市内で美術教師をされていたこともあったらしく、市民は隣のおじさんのように親しみを持っているようです。
絵の隣に遠藤ミマン氏の手紙や日記の言葉の抜粋が掲示されていて、それを読むと氏がこの街や近くの湿原を愛し、支えてくれた人々、影響を与えてくれた方々、出会った方々、日々の事柄に深い感謝を持っていたのが伝わってきました。
市民はそーいう氏の作品が大好きなのでしょうね~

心の栄養がやってきた小さい秋。
[PR]
by gracex1024 | 2013-09-26 23:59 | 日々雑感 | Comments(0)

日々のあれこれささやき中
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30